秋津から通いやすい産後骨盤矯正はハニカム整体院

秋津から通える産後骨盤矯正を探されている方は御覧ください

産後骨盤矯正TOP
YouTube産後割引予約
チェックボックス












お悩み解消

ハニカム整体院にお任せ下さい


honeycomb_20180209134949
メディア実績
ベビーベッド・キッズスペース・おもちゃ完備

▼秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼

WEB予約バナー

【秋津周辺の子育て情報】

西武池袋線の秋津駅とJR武蔵野線の新秋津駅が非常に近いため、様々な地域にお勤めされている方が住まわれている印象のある地域です。駅周りには商業施設が多く買い物にも困らず、大きな病院や産婦人科も比較的近いです。また、少しある事、自然あふれる里山のような雰囲気を残した所もある為、自然と感じながら子育てをすることができます。

 

秋津から妊婦と産後特化型ハニカム整体院へのアクセス

【秋津から妊婦と産後特化型ハニカム整体院へのアクセス】


秋津駅から当院の最寄り駅の西武新宿線の新所沢駅までは所沢駅で1度乗り換えがあるため新所沢駅周辺は生活圏ではないと思っている方も多いかもしれませんが、スムーズに乗り換えれば10分程度で新所沢駅に到着するため、当院に通われる方の多い東所沢の方よりも更に意外と通院しやすい地域でもあります。

駅からの距離としては6km程と意外と近く、お車があればすぐに着く距離にある為、月齢が小さく公共交通機関を使っての移動に抵抗がある方はお車での通院もいいかと思います。

お越しになる際は、日にちや時間帯によっては、電車・お車共に混雑も予想される経路でもありますので、時間にゆとりを持って安全運転でいらしてください。お子さんとお母さんにあった方法でご来院いただければと思います。
 

 ▼秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー
YouTube産後割引予約
他の院と何が違う?理由1理由2理由3理由4理由5理由6

 ▼秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー
産後骨盤7つの強み-min産後骨盤矯正7つの強み1-min産後骨盤矯正7つの強み2-min産後骨盤矯正7つの強み3-min産後骨盤矯正7つの強み4-min産後骨盤矯正7つの強み5-min産後骨盤矯正7つの強み6-min産後骨盤矯正7つの強み7-min

 ▼秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー
YouTube産後割引予約
ご来院の際の流れ

ご来院際の流れ【受付からご説明】

初めにご挨拶と簡単な産後骨盤矯正に関する説明をさせて頂いてから問診票をご記入頂きます。

妊娠・出産の経過からお身体のお悩みや不調について、などをご記入頂きます。

ご来院の際の流れ【問診・カウンセリング】

現在のお身体の状態はもちろん、妊娠中や出産時など、お悩みやお困りごとについて、丁寧にお聞きして行きます。

その上で専門的な知識を活かして最適な解決方法をわかりやすい言葉でご提案させて頂きます。

ご来院の際の流れ【検査と説明】

産後骨盤矯正は単に関節をボキボキと鳴らしたり、広がった骨盤を物理的に締めつけるだけ・・・といった乱暴なものではありません。

しっかりと骨盤の状態や全身の状態・体調を把握した上で、現状と今後の流れについて不安なことがなくなるまで丁寧にご説明させて頂きます。

ご来院の際の流れ【施術とセルフケアの指導】

デリケートな産後のお身体に対して、負担の少なく心地の良い刺激で施術を行なっていきます。痛みや恐怖をほとんど感じることなくみなさんリラックスして施術を受けて頂いております。

エクササイズやトレーニングのセルフエアの指導の際はお家でお一人でもできるように丁寧に指導させて頂きます。

ご来院の際の流れ【次回予約とお会計】

受付では治療計画に合わせた通院ができるように次回ご来院のご予定を確認させて頂いております。産後のお身体の状態をダラダラ引きずらない為にも初回は5日〜10日後の予定をご確認の上ご来院頂けるとスムーズにご案内できますのでご協力お願いします。

 ▼秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

出産・産後あるある


産後 妊娠中の疲れ産後 ホルモンの影響骨盤周囲の筋力低下 産後産後 胎児の発育産後 育児での身体的負担産後 睡眠サイクルの乱れ産後 慣れない育児


 ▼秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼ キャプチャー20170724223212

YouTube産後割引予約

ハニカム整体院地図


ハニカム整体院の地図-min

ハニカム整体院地図-min▼動画で解説▼ 

キャプチャー20170629021422キャプチャー20170629021451キャプチャー20170629021527キャプチャー20170629021559キャプチャー20170629021646キャプチャー20170629021712キャプチャー20170724223055キャプチャー20170724223125


 ▼秋津から通える産後骨盤矯正はコチラ▼ WEB予約バナー


産後骨盤整体専門院 ハニカム整体院の理念

出産を乗り越えたお母さん達のお身体は人生でも最も 身体の調整・矯正が必要な時期だと考えております。 最近では骨盤矯正を行う整体院や整骨院は増えていますが 産後の身体に適した骨盤矯正を専門的に行っている所は 県内を探してもまだ多くありません。 笑顔で育児に取り組める身体づくりと すらっと美しいお母さんであり続けるための体型のケアを 目的とした施術で、一人でも多くのママに快適な子育てライフを 楽しんでもらいたいという理念の基、提供しております。

産後特化型骨盤矯正とは?

そもそも「骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」は何が違うのか? 女性の身体は妊娠をしてから徐々に出産の準備が開始します。その際に出産がスムーズに行えるように【リラキシン】というホルモンが分泌され骨盤周りの組織を柔らかくしてくれます。この影響で骨盤は開いていきます。 妊娠中や出産後に腰痛・恥骨痛・尿漏れといった症状が現れやすいのはそのためだと考えられます。この現象は自然分娩の方はもちろん、帝王切開であってもホルモンの影響を受けているため骨盤の開きは現れます。 そういった点を考慮して、筋肉や骨格だけでなく骨盤内の子宮やそれにかかわるホルモンなどの影響も考慮して行われるものが産後の骨盤矯正で、一般的な骨盤矯正とは施術内容や考え方が異なる場合があります。

産後骨盤矯正はこのような方にお勧め!

産後の悩み
☑産後から腰痛や猫背姿勢が気になる方
☑恥骨痛や尿漏れなどのマイナートラブルでお悩みの方
☑産後の体型を改善したい方
☑デニムが履けるようになりたい方
☑産後の体重が気になる方
☑産後のボディーラインを改善したい
☑育児のストレスでイライラしてしまうことがある。
☑抱っこで肩こり・首こり・頭痛がひどい
☑夜泣きで寝不足傾向 ETC・・・ など上記の内容に限らず、出産後は思いもしなかった身体の不調や悩みを抱えることは少なくありません。当院はたくさんの産後ママからの相談いただきサポートさせて頂いております。 「こんなことで・・・」と思わずお気軽にご相談ください。

このようなお悩みは骨盤の開きに問題があるかもしれません

骨盤の歪み
☑出産してから腰痛が辛くなった
☑出産してから恥骨・尾骨のあたりが痛む
☑出産してからO脚がひどくなった
☑出産後生理が再開してから生理痛が辛くなった
☑足を組んで座っている方が楽だ
☑寝て起きても疲れが取れていない
☑ウエストライン・下腹がたるんだ
☑冷え症がひどくなった
☑ときどき尿漏れがある ETC・・・ 出産後、上記の様な自覚があれば、骨盤の開きなどに何らかの問題があるかもしれません。 問題を早期に発見することが、解決のための近道ですので、お気軽にご相談ください。
YouTube産後割引予約

【産後関連でよくみられている記事のまとめ】

産後骨盤矯正って保険適応になるの?1回あたり時間はどのくらい?

産後骨盤矯正ベルトはつける場所が重要?いつから始める?

産後骨盤矯正の料金の話、相場っていくら?何回行けばいいの?

産後に恥骨が痛くなった…原因は?どうすればいいの?

出産後股関節がポキポキ音がして気になる方へ

産後の骨盤矯正で「痩せる」「ダイエットできる」理由とは?

産後に体がむくみやすくなった…原因は?どうすればいいの?

今まで骨盤だと思っていた骨は骨盤ではなかった!?骨盤の構造はどうなってるの?

産後に起こる悪露とは…?どのくらいまで続くの?どうすればいい?

おむつを買いだめするのは良くない?赤ちゃんのおむつのサイズアップ!

卒乳と断乳の違いって…?時期はいつ頃から?

赤ちゃんの寝汗がすごい…何か対策はある?

大泉門とは?赤ちゃんの頭のへこみが心配…触っても大丈夫?

産後に痔になった…原因は?どうすればいいの?

骨盤底筋を鍛えるトレーニングってどういうの?そもそも骨盤底筋って何?

《産後骨盤矯正の運動・体操・筋トレ》垂れてきたお尻が気になる産後のママ達にしてほしいセルフケア

《産後骨盤矯正の運動・体操・筋トレ》抱っこ、授乳、添い寝などで猫背や肩周りの筋肉が気になるママたちへのセルフケア

 

 

 

グラフィックス1

秋津から通える産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

産後にめまいや立ちくらみ、ふらつきがある…原因は?どうすればいいの?

産後にめまいや立ちくらみ、ふらつきなどを感じるようになったママは多いのではないでしょうか。産後は体にいろいろな不調が出やすい時期ですが、その中でもめまいやふらつきなどは、よくみられる症状と言ってもいいのではないでしょうか。そのような症状が起こる原因は何なのか、対応はどうすればいいのかなど、本日は産後のめまいなどについてのお話です。 317767 産後にめまい、ふらつきが起こる原因は…? めまいやふらつき、立ちくらみが起きる原因は貧血によるものだと考えられます。貧血は血液が薄くなることで起こります。酸素を運んでいるヘモグロビンという物質が少なくなることで、血液の酸素運搬能力が低下し、体の臓器などに十分な酸素を供給することができないことにより、そのような症状が現れます。 その貧血が起こる原因としては、分娩での大量出血や授乳による血液不足などが考えられます。母乳の成分はママの血液が主なので、授乳中であればその分血液不足になりがちになり、貧血になりやすくなります。また、ストレスや生活の習慣なども症状の出やすさに関連しているとも考えられます。 715894 症状への対応はどうすればいいのか…? めまいやふらつきはなど、栄養不足や睡眠不足などから起こりやすいため、しっかりと生活の習慣を再確認することが大切でしょう。また、作業の合間などには休憩を挟むなど休み休み行うことも大切でしょう。横になるときには、少し足を高く上げて横になると体幹部へ血液が帰りやすくなるので試してみるのもいいかもしれません。また、ふくらはぎを揉んでマッサージなどをすることも血流を促すことが期待できるため、症状にはおすすめでしょう。 育児や家事で忙しいと、めまいなどを起こすママは少なくありません。授乳中であれば健康な母乳をあげることも必要となってくるため、忙しいかもしれませんが、まずは自分の体のケアをしっかりとしておくと良いでしょう。無理をせず疲れたときには休憩をしっかりとるなど、対応をしておくといいかもしれません。 753710

秋津から通える産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

乳児喘息とは…?原因や症状は?どうすればいいの?

赤ちゃんが呼吸をしづらそうにしていたり、苦しそうにしていたりするのを見るとかわいそうですよね。乳児喘息というものがありますが、これが原因で赤ちゃんが咳をしたり呼吸が苦しくなったりします。乳児喘息の原因はなんなのか、対応はどうすればいいのかなど、本日はそんな乳児喘息についてのお話をしていきます。 678196 そもそも乳児喘息とは…? 赤ちゃんに起きる喘息を乳児喘息と呼びます。ちなみにもう少し大きい子だと小児喘息と呼びます。発見が遅れたり、対応が遅かったりした場合には成人してからも喘息をもったままの場合もあるため、迅速な対応が必要となるものです。 乳児喘息の原因は…? 喘息はアトピー型と非アトピー型の2つに分けることができます。まず、アトピー型の喘息はダニやほこり、花粉などといったものが原因となります。体内に侵入してきたそれらを体が守ろうとし喘息が起こります。乳児によくみられるのはこのアトピー型になります。 一方、非アトピー型の喘息はステロイドの使用などによって起こる喘息や、アトピー型で挙げたダニやほこりなどといったアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)が特定できない喘息のことを言います。こちらは成人の喘息に多くみられ、生活の習慣などが原因で引き起こされる場合もあります。 喘息の症状は…? 喘息の症状はいくつかあります。咳や喘鳴(ぜんめい)と言って呼吸をする際に空気が気管を通るときになる「ぜいぜい」「ひゅうひゅう」というような音をいいます。症状がもう少し強い場合には嘔吐や意識の低下などがみられることもあります。 対応はどうすればいいの? 症状がみられていて、怪しいなと感じるようであれば病院へ連れて行ってあげることをおすすめします。なるべく早期に治療をすることが症状を長引かせないための重要な手段と言えそうです。普段から意識することとしては、ダニやほこりなどのアレルゲンの除去でしょう。こまめな掃除をすることや空気清浄器などを使用し、清潔を心がけましょう。 喘息は治療が遅れると大人になっても症状を抱える場合があります。赤ちゃんに症状があるかもしれないと感じたときには、なるべく早めに病院へ連れて行ってあげるようにした方が良さそうです。日頃から赤ちゃんの状態を細かくチェックしておくと変化に気付きやすいので、よく赤ちゃんのことを観察してあげると良いかもしれません。 ƒvƒŠƒ“ƒg

        ▼秋津から通える産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

産後に頻尿になった…原因はどうすればいいの?

産後に頻尿になったかも…と感じるママは少なくありません。なぜ産後は頻尿になりやすいのか、原因や対策など、本日はそんな産後の頻尿についてのお話です。 291371 妊娠中の尿漏れについて、以前お話をしたことがありまあす。気になる方はこちらをどうぞ。 ※妊娠中の尿漏れについてのお話はこちらから… (妊娠中の尿漏れは咳やくしゃみ、笑っただけで出る?産後はどうなの?) そもそも頻尿とは…? 頻尿とはおしっこの回数が異常に多いことをいいます。多尿という言葉もありますが、多尿はおしっこの量が多いことを言います。そのほかにも乏尿や無尿、尿閉といった言葉もありますが、またの機会にお話しようと思います。 084162 産後に頻尿になりやすくなる原因は…? 産後の頻尿の原因は骨盤底筋の緩みや筋力低下にあると考えられます。妊娠中からこの骨盤底筋には負担がかかっており、出産時にはさらに負荷がかかると考えられます。負荷がかかったことにより筋肉に緩みがみられ、産後の頻尿などのトラブルを引き起こしやすくしています。骨盤底筋は尿道を締める働きや緩める働きがあるため、この尿に関する問題に直結するのです。 予防や対策はどうすればいいのか…? 頻尿の予防や対策として骨盤底筋を鍛えることが対策となりそうです。下腹部に力を入れることや、肛門をキュッと締めるように力を入れることもトレーニングの1つです。 この他にも骨盤底筋についてや、そのトレーニングに関しても以前お話をしたことがあるので、こちらをご覧ください。 ※(骨盤底筋を鍛えるトレーニングってどういうの?そもそも骨盤底筋って何?) 産後だけでなく妊娠中からでも症状の感じる方もいる頻尿などの尿トラブル。心配になる方や、症状に悩む方も多いかとは思いますが、意外と多くの方が同じような症状を抱えています。少しずつでもいいのでトレーニングを始めて症状の予防や改善に取り組んでみるのもいいのではないでしょうか? 659350

秋津から通える産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

産後に排尿時痛がある…原因は?どうすればいいの?

前回は産後の頻尿についてのお話をしました。産後だけでなく妊娠中から頻尿などの尿トラブルで悩まれる方は少なくありません。そんな尿トラブルの中でも本日は排尿時痛について、原因や対策はあるのかなどのお話をしていきます。 291371 そもそも排尿時痛とは…? 排尿時痛とは字の通り、排尿(おしっこ)をするときに痛みがあることを言います。何らかの原因によって排尿時に痛みが引き起こされ、残尿感や尿が出にくいなどの症状を伴うことがあります。 排尿時痛の原因は…? 排尿時痛の原因はいくつか考えられます。 まず、細菌の感染によるものです。細菌が感染することで炎症が起き、排尿時痛が出ることがあります。この場合には下腹部に痛みを感じることが多く、膀胱炎や尿道炎などが疑われます。症状としては排尿時痛のほかに血尿などもみられることがあります。まれに下腹部以外に尿道の辺りに痛みを感じる場合もありますが、これはその付近に細菌の感染が起こったか尿道の膜が傷ついたことによる痛みと考えられます。このほかにも原因として、外傷によるものや性感染症によって排尿時痛が引き起こされることが考えられます。 084162 排尿時痛があるときの対応はどうすればいいのか…? 上でもお話をしましたが、排尿時痛があるときには細菌の感染が疑われます。特に女性は細菌が膀胱に侵入しやすく膀胱炎になりやすいため、症状を感じた場合には速やかに病院を受診するようにしましょう。対策は、尿道の緩みを改善することが方法の1つと考えられます。尿道の緩みは骨盤底筋などの筋力低下によって引き起こされるため、骨盤底筋のトレーニングをすることが、予防や対策と言えるかもしれません。 ※骨盤底筋についてのお話はこちら… (骨盤底筋を鍛えるトレーニングってどういうの?そもそも骨盤底筋って何?743741 産後に排尿時痛を感じる方は意外に多いのではないでしょうか。もし症状を感じているのなら早めに病院で相談をすると良いでしょう。予防や対策の骨盤底筋トレーニングは排尿時痛の予防だけでなく、頻尿や体幹の安定、臓器の下垂予防など様々な効果が期待できます。少しからでもトレーニングに取り組んでみるのもいいのではないでしょうか。

秋津から通いやすい産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎…どうすればいいの?

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんにもなる可能性があります。特にお肌のデリケートな赤ちゃんは大人に比べて皮膚の症状が出やすいと言われます。もし、赤ちゃんがアトピー性皮膚炎になったらどうすればいいのか…本日はそんなアトピー性皮膚炎についてのお話です。 558849 そもそもアトピー性皮膚炎とは…? アトピー性皮膚炎とは、アレルギー反応が皮膚に現れ炎症を起こすことを言います。主な症状は湿疹やかゆみなどになります。症状が似ていることもあり、アトピー性皮膚炎と乳児湿疹とを見分けることがなかなか困難です。   アトピー性皮膚炎になる原因は…?(引用Wikipedia)   ――――ここから――――   日本皮膚科学会ガイドラインでは、アトピー性皮膚炎は表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常を伴い、多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患である。患者の多くはアトピー素因を持つ。   ・家族歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患) ・免疫グロブリンE(IgE)が高値など。   ――――ここまで――――   アトピー性皮膚炎への対応はどうすればいいのか…? 乳児湿疹の場合には早めに症状が治まる場合が多いですが、アトピー性皮膚炎の場合乳児湿疹に比べ症状が長引くことが多くなります。まず、症状が長引いているようであれば、病院への受診をおすすめします。家庭での対応としては処方された薬を使ってあげたり、生地の柔らかい服を着せてあげたり、などが考えられます。また、保湿をすることも有効な方法の1つで、肌の乾燥を防ぐことで症状の予防や緩和が期待できそうです。   赤ちゃんは肌がデリケートなので湿疹はとても出やすいです。症状が治まらなかったり、赤ちゃんが泣き続けているようであれば、早めに病院へ連れて行ってあげた方がいいかもしれません。すっきり健康な毎日を過ごしていくためにも、予防や対策に取り組んでみるのもいいのではないでしょうか。 539991

秋津から通いやすい産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

産後に下痢が多くなった…原因は?どうすればいいの?

産後に下痢をよくするようになったなと感じるママは少なくありません。産後に下痢になりやすくなってしまう原因はなんなのか、対応はどうすればいいのかなど、本日は産後の下痢に関してのお話です。 614359 産後に下痢になりやすくなる原因は…?   ・冷えによるもの。 夏場ということもあり、冷たいものを多く摂取しがちな時期なので、それによってお腹が冷され、下痢の症状につながっていることが考えられます。また、授乳中であればより摂取する水分量は多くなるため、さらに下痢になりやすくなることが考えられます。   ・ホルモンバランスの乱れによるもの。 産後はホルモンのバランスが乱れやすくなっています。その影響によりストレスや肌荒れ、消化器症状が誘発されることが考えられます。   ・食事のバランスがとれていない。 育児や家事で毎日忙しいママがほとんどです。なかなか自分の食事のことまで手が回らず、栄養が偏っていたり、不足していたりすることも少なくありません。食事を間食で済ませたり、野菜不足だったりすると下痢の症状を起こす可能性があります。   146939 下痢の対応はどうすればいいの…? 食事内容や水分量などを再確認してみましょう。冷たいものの摂りすぎや栄養の偏った食事をしていないかをチェックしてみると良いでしょう。また、軽い運動などで体を少し動かしてみるのもいいかもしれません。気分転換もできることからストレスの軽減、解消につながり、ホルモンバランスの改善を期待することができるでしょう。冷えから守るために体を温めることも必要になってきます。お風呂にゆっくりと浸かることや、冷えた部屋にいすぎないなどのちょっとした配慮が下痢の症状を予防、改善していく方法と言えそうです。 お薬を飲む場合、授乳中であれば飲まない方が良い薬もあるため、医師の相談を受けてから服用をすることをおすすめします。   急にお腹が痛くなったり、トイレに行く回数が多くなったりすると体長面やストレスから育児になかなか集中できず、どっと疲れてしまいがちです。症状がある場合は早めに対応をしましょう。今は症状が無くても生活の習慣で引き起こされる場合もあります。意識して予防に取り組んでみるのも良いのではないでしょうか。

秋津から通いやすい産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

赤ちゃんが下痢で心配…原因は?どうすればいいの?

赤ちゃんは体の機能が未熟であるため、下痢は比較的起こしやすいです。起こしやすいとは言え、症状がある以上心配になるパパやママがほとんどかと思います。赤ちゃんの下痢の原因はなんなのか、どうすればいいのかなど、本日は赤ちゃんの下痢についてのお話です。 086387 赤ちゃんが下痢をする原因は…? 月齢がまだ低い赤ちゃんであれば、便の質は「軟便(なんべん)」がほとんどです。これは体の機能がまだしっかりと備わってないことが理由で、消化不良によりこういったことが多くみられます。 下痢は、ウイルス感染による影響やアレルギーなどの影響により起こることがあります。これらの場合には下痢の症状だけでなく、便の臭いなども普段とは違ってきます。 他にも発熱していることもあるため、こまかく赤ちゃんの状態を観察してあげるようにしましょう。また、離乳食が始まるとお腹に少し刺激が入るため、下痢が起きやすくなります。与えるものの温度や量などには注意を払うようにした方がいいかもしれませんね。   赤ちゃんが下痢をしていたら対応はどうすればいいのか…? 下痢をしていてもすぐに元の状態に戻るのであれば、特に心配はいらないでしょう。ですが、元気がなかったり、嘔吐や血便などの症状がある場合には特に注意が必要でしょう。また、熱がある場合や下痢の回数が多い場合には脱水症状になる可能性も考えられるため、病院に連れて行ってあげるなど、早めの対応が必要となってくるでしょう。528889   赤ちゃんは下痢を起こしいやすいものです。ですが、他にも症状が強く出ていたり、いつもと様子が違うなどを感じたら早めに病院へ連れて行ってあげることをおすすめします。普段のオムツ替えなどから赤ちゃんの体調を観察してあげると良いでしょう。下痢のときのオムツはウイルスや細菌の感染も考えられるため、ビニール袋などに入れてしっかり口を結んで捨てましょう。手も石鹸できれいに洗うことも忘れずにしておくとより良いでしょう。

新秋津から通いやすい産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

月経前症候群(PMS)とは?原因や症状は?

月経前症候群(PMS)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。不妊の原因の1つとも考えられているこの月経前症候群は、名前の通り月経の前に身体的な症状や精神的な症状が出るものです。原因や主な症状にはどのようなものがあるのか、本日はそんな月経前症候群についてのお話です。 766558 月経前症候群の原因は…? 月経前症候群のはっきりとした原因はよく分かっていませんが、エストロゲンやプロゲステロンなどといった女性ホルモン等の影響が原因の1つとして考えられます。これら以外にもセロトニンと呼ばれる神経伝達物質などの異常によって引き起こされているということも考えられます。   月経前症候群の症状は…? 上でも身体的、精神的な症状が出るとお話しましたが、具体的にはどんな症状が現れるのでしょうか。   ※身体的症状… ・不眠 ・悪心や嘔吐 ・便秘や下痢などの消化器症状 ・動悸 ・肌荒れ ・めまい ・頭痛 ・むくみ ・関節の痛み ・乳房痛または乳房の張り ・下腹部痛 ・腰痛 など。   ※精神的症状… ・イライラ ・涙が出やすい ・妄想が多い ・集中力がない、続かない ・倦怠感 ・疲れやすい ・判断力の低下 ・うつ傾向 ・攻撃的、暴力的になる など。   月経前症候群の対応はどうすればいいのか…? まず生活習慣の見直しをしましょう。食事内容も温かく、バランスのとれた食事を摂るように意識をすると良いでしょう。体が冷えると症状が助長されることもあるため、お風呂で温まることや、冷房などに当たりすぎないなどの、体を冷やさない工夫をすると良いかもしれません。適度に運動やストレッチなどを行い、ストレスの緩和に取り組むのも症状を抑える1つの方法と考えられます。   月経前症候群では、ホルモンバランスや自律神経の乱れなどが起こりやすくなりますが、これが不妊の原因の1つとも考えられます。症状が辛い方や、不妊かもしれないといった悩みを感じている方は特に予防や対策に取り組んでみるのもいいかもしれません。 615385

秋津から通いやすい産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

【所沢市内でよく産後骨盤矯正でご来院頂く地域】

所沢市内でよく産後骨盤矯正でご来院頂く地域

【新所沢エリア】
緑町榎町泉町青葉台向陽町けやき台
【新所沢東エリア】
並木松葉町弥生町美原町北所沢花園
【小手指エリア】
小手指町小手指南小手指元町北野上新井小手指台
【松井エリア】
上安松下安松牛沼
【三ケ島エリア】
狭山ヶ丘若狭東狭山ヶ丘西狭山ヶ丘
【吾妻エリア】
くすのき台北秋津荒幡

来院されている方の最寄り駅

【産後骨盤矯正】

 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 少しでも有益な情報だ!他の人にも知ってもらいたい! と思ったらぜひSNSなどでシェアよろしくお願いします! ハニカムグループ公式サイト http://honey-combgroup.com/ 【産後骨盤矯正専門ぺ―ジ】 https://www.ip-lambda.com/honeycomb/page/78441 【交通事故治療専用ページ】 https://tokorozawa-koutsujiko.com/ 【交通事故治療専門LP】 https://www.ip-lambda.com/honeycomb/page/114517/ 住所:〒359-1111 埼玉県所沢市緑町2-6-15第二KIビル1F(新所沢駅から徒歩3分) TEL:0800-800-167704-2941-6175 ◇◆◇◆◇◆

お問い合わせ