Blog

所沢で子連れの産後骨盤矯正ならハニカム整体院

2017/07/31

所沢で産後骨盤矯正を探されている方は御覧ください

産後骨盤矯正TOP

YouTube産後割引予約

チェックボックス












お悩み解消

ハニカム整体院にお任せ下さい


honeycomb_20180209134949

WEB予約バナー

電話タップバナー

メディア実績

ベビーベッド・キッズスペース・おもちゃ完備

YouTube産後割引予約

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

WEB予約バナー


【もくじ】

1、所沢にお住いの方の出産・子育て事情

2、当院に通院して頂いている理由とは?

3、当院の産後骨盤矯正の7つの強み

4、ご来院の際の流れ

5、なぜ産後の体調や体型が変わってしまうの?

6、当院へのアクセス

7、産後骨盤矯正専門院としての理念

8、「骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」の違い

9、産後骨盤矯正はこんな方にオススメ

10、その悩み骨盤の開きに問題があるかもしれません

11、所沢市内でよくご来院頂く地域

12、当院へ来院される方が利用されている駅


【所沢にお住まいの方の出産・子育て事情】

所沢市には大きな産婦人科が非常に充実している事や、都内に電車で通勤される方のベッドタウンとして、特に子育て世帯が多い地域です。またその影響もあり、「保育所」「保育園」が不足しており、周辺市町村に比べ保育所の入園倍率が非常に高い事が課題としてもあげられています。しかし、当院からも歩いてすぐの所に「思いやりの心で支え合う 幸せに暮らせるまち」をテーマに【所沢市こどもと福祉の未来館】が開園するなど、子育て世帯の需要に前向きに取り組んでいる地域でもあります。

【もくじに戻る】

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

YouTube産後割引予約

WEB予約バナー

他の院と何が違う?

理由1理由2理由3理由4理由5

理由6


▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

産後骨盤7つの強み

産後骨盤矯正7つの強み1産後骨盤矯正7つの強み2産後骨盤矯正7つの強み3産後骨盤矯正7つの強み4産後骨盤矯正7つの強み5産後骨盤矯正7つの強み6産後骨盤矯正7つの強み7

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

YouTube産後割引予約

WEB予約バナー

ご来院の際の流れ

ご来院際の流れ【受付からご説明】

初めにご挨拶と簡単な産後骨盤矯正に関する説明をさせて頂いてから問診票をご記入頂きます。

妊娠・出産の経過からお身体のお悩みや不調について、などをご記入頂きます。

ご来院の際の流れ【問診・カウンセリング】

現在のお身体の状態はもちろん、妊娠中や出産時など、お悩みやお困りごとについて、丁寧にお聞きして行きます。

その上で専門的な知識を活かして最適な解決方法をわかりやすい言葉でご提案させて頂きます。

ご来院の際の流れ【検査と説明】

産後骨盤矯正は単に関節をボキボキと鳴らしたり、広がった骨盤を物理的に締めつけるだけ・・・といった乱暴なものではありません。

しっかりと骨盤の状態や全身の状態・体調を把握した上で、現状と今後の流れについて不安なことがなくなるまで丁寧にご説明させて頂きます。

ご来院の際の流れ【施術とセルフケアの指導】

デリケートな産後のお身体に対して、負担の少なく心地の良い刺激で施術を行なっていきます。痛みや恐怖をほとんど感じることなくみなさんリラックスして施術を受けて頂いております。

エクササイズやトレーニングのセルフエアの指導の際はお家でお一人でもできるように丁寧に指導させて頂きます。

ご来院の際の流れ【次回予約とお会計】

受付では治療計画に合わせた通院ができるように次回ご来院のご予定を確認させて頂いております。産後のお身体の状態をダラダラ引きずらない為にも初回は5日〜10日後の予定をご確認の上ご来院頂けるとスムーズにご案内できますのでご協力お願いします。
【もくじに戻る】


 

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

WEB予約バナー

出産・産後あるある

産後 妊娠中の疲れ産後 ホルモンの影響骨盤周囲の筋力低下 産後産後 胎児の発育産後 育児での身体的負担産後 睡眠サイクルの乱れ産後 慣れない育児
【もくじに戻る】


▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼
キャプチャー20170724223212

YouTube産後割引予約

WEB予約バナー

ハニカム整体院の地図

ハニカム整体院地図

キャプチャー20170629021422キャプチャー20170629021451キャプチャー20170629021527キャプチャー20170629021559キャプチャー20170629021646キャプチャー20170629021712キャプチャー20170724223055キャプチャー20170724223125
【もくじに戻る】


電話対応

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼
WEB予約バナー


産後骨盤整体専門院 ハニカム整体院の理念

出産を乗り越えたお母さん達のお身体は人生でも最も
身体の調整・矯正が必要な時期だと考えております。
最近では骨盤矯正を行う整体院や整骨院は増えていますが
産後の身体に適した骨盤矯正を専門的に行っている所は
県内を探してもまだ多くありません。
笑顔で育児に取り組める身体づくりと
すらっと美しいお母さんであり続けるための体型のケアを
目的とした施術で、一人でも多くのママに快適な子育てライフを
楽しんでもらいたいという理念の基、提供しております。

産後特化型骨盤矯正とは?

そもそも「骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」は何が違うのか?
女性の身体は妊娠をしてから徐々に出産の準備が開始します。その際に出産がスムーズに行えるように【リラキシン】というホルモンが分泌され骨盤周りの組織を柔らかくしてくれます。この影響で骨盤は開いていきます。
妊娠中や出産後に腰痛・恥骨痛・尿漏れといった症状が現れやすいのはそのためだと考えられます。この現象は自然分娩の方はもちろん、帝王切開であってもホルモンの影響を受けているため骨盤の開きは現れます。
そういった点を考慮して、筋肉や骨格だけでなく骨盤内の子宮やそれにかかわるホルモンなどの影響も考慮して行われるものが産後の骨盤矯正で、一般的な骨盤矯正とは施術内容や考え方が異なる場合があります。

産後骨盤矯正はこのような方にお勧め!

☑産後から腰痛や猫背姿勢が気になる方
☑恥骨痛や尿漏れなどのマイナートラブルでお悩みの方
☑産後の体型を改善したい方
☑デニムが履けるようになりたい方
☑産後の体重が気になる方
☑産後のボディーラインを改善したい
☑育児のストレスでイライラしてしまうことがある。
☑抱っこで肩こり・首こり・頭痛がひどい
☑夜泣きで寝不足傾向
ETC・・・
など上記の内容に限らず、出産後は思いもしなかった身体の不調や悩みを抱えることは少なくありません。当院はたくさんの産後ママからの相談いただきサポートさせて頂いております。
「こんなことで・・・」と思わずお気軽にご相談ください。

このようなお悩みは骨盤の開きに問題があるかもしれません

☑出産してから腰痛が辛くなった
☑出産してから恥骨・尾骨のあたりが痛む
☑出産してからO脚がひどくなった
☑出産後生理が再開してから生理痛が辛くなった
☑足を組んで座っている方が楽だ
☑寝て起きても疲れが取れていない
☑ウエストライン・下腹がたるんだ
☑冷え症がひどくなった
☑ときどき尿漏れがある
ETC・・・
出産後、上記の様な自覚があれば、骨盤の開きなどに何らかの問題があるかもしれません。
問題を早期に発見することが、解決のための近道ですので、お気軽にご相談ください。
ご来院をお待ちしております。
YouTube産後割引予約
WEB予約バナー
電話タップバナー

【産後関連でよくみられている記事のまとめ】

産後骨盤矯正って保険適応になるの?1回あたり時間はどのくらい?

産後骨盤矯正ベルトはつける場所が重要?いつから始める?

産後骨盤矯正の料金の話、相場っていくら?何回行けばいいの?

産後に恥骨が痛くなった…原因は?どうすればいいの?

出産後股関節がポキポキ音がして気になる方へ

産後の骨盤矯正で「痩せる」「ダイエットできる」理由とは?

産後に体がむくみやすくなった…原因は?どうすればいいの?

今まで骨盤だと思っていた骨は骨盤ではなかった!?骨盤の構造はどうなってるの?

産後に起こる悪露とは…?どのくらいまで続くの?どうすればいい?

おむつを買いだめするのは良くない?赤ちゃんのおむつのサイズアップ!

卒乳と断乳の違いって…?時期はいつ頃から?

赤ちゃんの寝汗がすごい…何か対策はある?

大泉門とは?赤ちゃんの頭のへこみが心配…触っても大丈夫?

産後に痔になった…原因は?どうすればいいの?

骨盤底筋を鍛えるトレーニングってどういうの?そもそも骨盤底筋って何?

《産後骨盤矯正の運動・体操・筋トレ》垂れてきたお尻が気になる産後のママ達にしてほしいセルフケア

《産後骨盤矯正の運動・体操・筋トレ》抱っこ、授乳、添い寝などで猫背や肩周りの筋肉が気になるママたちへのセルフケア

 

 

 

グラフィックス1

ふたご出産について

「ふたご」

 

まず簡単に「ふたご」について…(引用wikipedia)

 

ーーーーここからーーーー

 

双生児(そうせいじ)は同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供である。いわゆる双子(ふたご)のことであり、多胎児の一種である。多胎児の中では一番多い。

受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)と二卵性双生児(にらんせいそうせいじ)に大別される。

出産の時には数分程度の時間差で産まれることが多いが、中には数時間から数十日の間隔で生まれる場合もある(双子が一度の分娩で生まれるとは限らない)ので、誕生日・誕生年が異なってしまう兄弟姉妹もいる。

また日本では、かつて後から生まれた方を兄または姉、先に生まれた方を弟または妹として扱う慣習があったが、戸籍法上は生まれた順に記載する事となっている。

 

ーーーーここまでーーーー

 

・一卵性双胎

一卵性双胎とはひとつの受精卵が2個に分裂したものです。遺伝子情報、性別、血液型などは同一で、顔立ちや体つきも似ています。

 

・二卵性双胎

二卵性双胎とは2つの卵子と2つの精子がそれぞれ受精したもので、遺伝子情報は異なります。性別や血液型、顔立ちや体つきなどは異なることがあります。

 

659251

 

多胎はリスクが高いので、慎重な生活を…

赤ちゃんは2人以上いる場合を多胎妊娠といい、そのほとんどはふたごです。ふたごには、ひとつの卵子とひとつの精子が結合して、それが2つに分かれて成長していく一卵性と、卵子が2個排卵され、それぞれ別の精子と受精して発育していく二卵性があります。自然にふたごが生まれる確率は日本で1000件中35件程度ですが、最近は不妊治療で使用する排卵誘発剤や体外受精の影響で、ふたごの出産がふえています。

ふたごと判明すると、喜びとともに不安に感じることもあるでしょう。実際にふたごの場合、医学的リスクは高いといえます。しかし、以前に比べると、安全に出産できるようになりました。リスクを自覚しながら、慎重に妊娠生活を送ることが何よりも大切になってきます。

 

 

 

「ふたごママの心得」

 

ふたごの妊娠・出産は、ひとりの場合よりも大変です。無理をせず注意深く、妊娠生活を送りましょう。

 

―注意したいトラブル―

・妊娠23週ごろになると、急におなかが大きくなり、むくみや静脈瘤を起こしやすくなります。

・妊娠高血圧症候群

・貧血

・切迫流産・切迫早産

・羊水過多症

 

―妊娠生活のポイント―

・特にお腹が大きくなる妊娠後期は腰痛を起こしやすいので、無理な姿勢を長時間続けないようにしましょう。

・マタニティエアロビクスやマタニティスイミングなどのスポーツは早産のリスクがあるため避けましょう。

・気になる症状があったら、早めに病院を受診しましょう。

・出産方法について、早めに医師と相談をしておきましょう。また、入院時や出産後にサポートしてくれる人を見つけておくことが大切です。

 

 

「ふたごの出産方法」

 

母子の安全を第一に考え、帝王切開を行うことがほとんどです。

 

以前は、ふたごの場合、経腟分娩にするか、または帝王切開にするかは、赤ちゃんの大きさや体位(子宮内の姿勢)、母体の状態などを考え合わせて判断されていました。しかし、現在はふたごと分かったら、母子の安全を第一に考えて、周産期母子医療センターや大学病院で選択的帝王切開(予定を立て、陣痛が来る前に帝王切開をする)が行われることが多くなっています。また、妊娠30週ごろから、早産予防のために入院(管理入院)します。母子双方の安全を最優先に考えて、慎重な対策が必要です。

ふたごの赤ちゃんの体位は、2人とも頭位、2人とも逆子、頭位と逆子のパターンがあります。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー


 

帝王切開ってどんなの?

「帝王切開」についてのお話をしていきます。

 

748584

 

 

そもそも帝王切開とは…?(引用wikipedia)

 

ーーーーここからーーーー

 

帝王切開(ていおうせっかい、: caesarean section: cesarean section: Kaiserschnitt)は、子宮切開によって胎児を取り出す手術方法である。医療関係者では略して「帝切」、または「カイザー」、「C-section」などと呼ばれることもある。

 

ーーーーここまでーーーー

 

 

「帝王切開のおおまかな流れ」

 

  1. 手術前の準備

医療施設によって違いはありますが、帝王切開を予定的に行う場合は手術前日に入院し、検査や浣腸、剃毛、導尿、点滴などの処置を受け、手術の同意書を提出します。

 

  1. 麻酔をする

一般的に局所麻酔を行います。硬膜という脊髄を覆っている膜があります。その硬膜の外側に麻酔薬を注入する「硬膜外麻酔」を行うか、脊髄の周囲に直接注射で麻酔薬を注入する「脊椎麻酔」を用いられます。

 

  1. 手術

まず皮膚から腹膜までを縦、あるいは横に切開します。次に子宮壁を横に切開します。

 

・縦に切開する場合…

おへその下から恥骨に向かって切開します。赤ちゃんを早く安全に出せるので緊急時には縦に切開します。

 

・横に切開する場合…

恥骨の上を横に切開していきます。縦に切開するのと比べ、赤ちゃんを出すのにやや時間がかかります。傷は目立ちにくいという利点があります。

 

  1. 赤ちゃんを取り出す

子宮の中から赤ちゃんを取り出し、へその緒を切ります。

 

  1. 胎盤を出し、切開部を縫合

子宮内の羊水を吸引して胎盤を取り出します。その後、子宮を溶ける糸で縫合し、皮膚も同様に縫合します。手術はこれで終了になります。

 

-手術後について-

麻酔が切れた後は傷が痛みますが、それに対しては鎮痛剤が使われます。最近では手術後も硬膜外麻酔を続けて使用し、痛みをとっていく方法も行われています。だいたい手術の翌日には痛みが治まりますが、起き上がろうとして腹圧がかかると痛むことが多くあります。起き上がるときには、ベッドのリクライニングを利用して慎重に起き上がるようにしましょう。手術後12日は食事がとれないため、点滴で栄養と水分をとります。帝王切開でも悪露はありますが、量は経腟分娩よりは少なめです。経過に問題がなければ翌日から歩けるようになったり、赤ちゃんを抱っこしたり、母乳をあげたりすることも可能です。

 

*麻酔をしていても手術の様子はわかります。

帝王切開は麻酔をかけて行いますが、通常は局所麻酔です。胸の下から足の辺りまでの感覚がなくなりますが、ママの意識は手術中もしっかりしています。そのため、赤ちゃんが子宮から取り出される瞬間を見ることや産声も聴くこともできます。ただし緊急の場合、局所麻酔ができないこともあります。そのときは全身麻酔となってしまうため、ママが眠ったまま赤ちゃんが誕生することになります。

 

735136

 

5人に1人は帝王切開―

通常のお産では、赤ちゃんはママの子宮口から膣を通って出てきます。これを経腟分娩といいますが、何らかの原因があって経腟分娩では赤ちゃんが出てこられない場合や母子の生命に危険がある場合に、手術によって赤ちゃんを取り出します。これが帝王切開で、赤ちゃんを安全に誕生させるために必要な医学的処置です。帝王切開による出産の割合は年々増え、一般病院で24.8%、一般診療所(クリニック)で13.6%(厚生労働省の調査)。平均すると51人は帝王切開で出産をしていることになります。背景には、高齢出産が増えたことと、女性が生涯で産む子供の数が少なくなったため、いかに安全に誕生させるかが優先されるようになったことが考えられます。

 

 

―リスクに対応できる病院で出産する―

ふたごを妊娠したらリスクに対応できるスタッフや設備のある病院にかかることが基本です。NICU(新生児集中治療室)が併設されている周産期母子医療センターや大学病院が適しています。ちなみに、ふたごの場合の健診は通常よりも頻繁に行われます。30週ごろからは入院して管理します。それだけ注意深く経過を観察してもらえるため、少しでも不安なこと、気になることがあれば医師に相談しましょう。臨月近くになると腹囲が100㎝以上になったり、ふたごを妊娠することで通常の妊娠時よりもお腹が大きくなったりします。羊水も多く、ママもむくみがちなので、体重は1213㎏は増えます。出産後も医療スタッフと家族のサポートが必要不可欠です。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

身体の気になる症状 胎動・不眠

妊娠中の「胎動」と「不眠」についてのお話です。

 

 

*胎動の不安

まる1日胎動がないときは要注意…

 

胎動(子宮の羊水の中で赤ちゃんが動くこと)は妊娠中期から感じるようになります。感じる時期には個人差があり、早い人で18週前後、遅い人で2223週ごろには感じるようです。感じ方も人それぞれです。仕事などで忙しく働いている人と、安政にしていることが多い人とでも感じ方は違います。また、腹壁の厚さや、皮下脂肪の量でも違ってきます。妊娠後期になると、胎動を強く感じるようになり、蹴られる感じを実感します。9ヶ月頃になると胎動が外からでも分かるようになります。しかし、赤ちゃんが成長して大きくなり、子宮の中で動くスペースが狭くなるため、胎動の回数は徐々に減ってきます。臨月になれば赤ちゃんが静かになり、いよいよ出産間近です。このように、胎動は赤ちゃんの「元気」の証です。妊娠中期に胎動を感じないという場合でも、健診で異常がなければ心配ありません。逆に、胎動が激しすぎる場合も心配いりません。ただし、それまで胎動を感じていたのに、丸1日感じないというときは、すぐに医師に相談しましょう。

赤ちゃんの動き方は様々です。パンチやキック、しゃっくりのような動きなど、お腹の中でたくさん動いてぐんぐん成長していきます。

今までは、赤ちゃんがお腹の中にいるという実感があまりなかった人も、胎動を感じることで赤ちゃんの存在を、実感できるでしょう。

725734

 

*不眠

不安や疲れから起こりやすい…

 

妊娠中期ごろから後期にかけて、お腹が張って眠れない、寝返りがうてない、胎動が激しくて眠れないと感じることが出てきます。臨月に入れば、頻尿などもあって夜中に目を覚ますことも多くなるかもしれません。精神的な疲れや不安もあって眠れないこともあるでしょう。昼間は外出して気分転換したり、疲れすぎない程度に運動したりするのも良いでしょう。短い昼寝をして睡眠不足を補うのも手です。本当に必要な睡眠時間はからだが自然に求めてくるものです。あれこれ考えず、ゆったりと過ごすようにしましょう。

 

086947

 

―眠るための工夫―

・寝る前に読書をする。

・寝る1時間前はテレビ、携帯を見ない。

・寝る少し前に軽めのストレッチをする(腕立てや腹筋などの過度な筋トレはおすすめしない)。

・高反発マットや抱き枕を使用してみる。

・アロマやお香を焚いてみる。

・リラックスできる音楽を聴いてから寝る。

 

※筋トレがおすすめでない理由

(お腹に赤ちゃんがいる状態で過度な筋トレをする方はあまりいないとは思いますが、少しだけお話します。)

 

通常、睡眠時には副交感神経が働き、心身共にリラックスをしている状態です。しかし筋トレを行うと交感神経が働いてしまうため、身体が興奮状態になります。興奮状態になると寝付きにくくなってしまうほか、睡眠の質が低下してしまう可能性があります。また、栄養の補給が難しく、寝る前での栄養補給によって、睡眠の質の低下、脂肪の蓄積などが考えられます。そのため寝る前での筋トレはあまりおすすめしません。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

妊娠糖尿病ってどんなの?

「妊娠糖尿病」についてのお話していきます。

 

「妊娠糖尿病」

-妊娠糖尿病の診断と予防-

妊娠糖尿病とは、妊娠中にはじめて発見された「糖尿病ではないが、糖代謝異常がある状態」です。

 

※糖代謝異常とは、空腹時や食後の血糖値がかなり高くなってしまう状態のことを言います。

 

*糖尿病には至らないが、糖代謝異常が起こる。

妊娠中は食事量が増えるうえ、胎児から血糖値を上げやすくするホルモンが出るため血糖値は高くなりがちですが、通常は膵臓から分泌されるインスリンが血糖値の上昇を調節します。ところが、そのインスリンの働きが悪くなって、糖尿病のように血糖値が上がってしまうのが妊娠糖尿病です。妊娠糖尿病になると、早産や妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症などを引き起こしやすくなります。また、赤ちゃんも高血糖となってしまい糖が脂肪として蓄積され、4000gを超えるような巨大児になることがあります。内臓や肺の機能が未熟なまま産まれてしまうリスクもあります。治療は食事療法と運動療法によって血糖値を正常に保つことです。

 

(引用Wikipedia)

ーーーーここからーーーー

妊娠糖尿病(にんしんとうにょうびょう, 英語: gestational diabetes)は、妊娠中のみ血糖値が異常となる症状をいう。妊娠糖尿病は、将来のII型糖尿病リスクを増加させる。

妊娠中は、hPLエストロゲンプロゲステロンなどの妊娠中に増加するホルモンにより、耐糖能が悪化しがちであることによる。一般には、出産後に改善する。一方、もともと糖尿病患者が妊娠した場合は、糖尿病合併妊娠と呼ばれる。とは言え、もともと糖尿病であったかどうかを完全に確認できているわけではなく、妊娠糖尿病で発症し、分娩後もそのまま糖尿病が治らないこともままある。基本的に食事療法が行われるが、改善しない場合、後述の胎児へのリスクもあり、また飲み薬は催奇形性の懸念があるためインスリン注射療法を行うことになる。胎児への影響があるため、通常時より厳格な管理を必要とし、六分食やインスリン持続皮下注 (CSII) などを行うこともある。 

ーーーーここまでーーーー

 

*血糖値の検査で診断される

妊娠初期や妊娠中期に血液検査で血糖値を測定します。数値が高い場合は、ブドウ糖負荷試験をして診断します。血糖値は出産後には正常に戻ります。産後しばらくして糖尿病の負荷テストを行い、正常に戻ったことを確認します。ただしその半数は将来、糖尿病を発症するといわれています。

 

妊娠糖尿病になりやすい人…

・親きょうだいに糖尿病の人がいる

35歳以上の高齢初産

・妊娠前から肥満ぎみ

・妊娠してから急激に体重が増えた

・以前に巨大児を出産したことがある

・糖代謝異常と診断されたことがある

 

予防するには…

・太りすぎないこと。

・適度な運動をする。

・ストレス解消やストレスを溜めすぎない。

・炭水化物をとりすぎない。

・ご飯がすすんでしまうのを防ぐため、味付けの濃いおかずは避ける。

736026

妊娠糖尿病を予防するために、普段からバランスのとれた食生活を心がけ、運動を適度にしておくことが大切です。妊娠中は様々なトラブルが起こってしまうことも少なくありません。大変ですが、食生活と運動の習慣は身体の健康はもちろん、安産にもつながるため、規則正しい生活を心がけて過ごしましょう。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

【所沢市内でよく産後骨盤矯正でご来院頂く地域】

所沢市内でよく産後骨盤矯正でご来院頂く地域

【新所沢エリア】
緑町榎町泉町青葉台向陽町けやき台
【新所沢東エリア】
並木松葉町弥生町美原町北所沢花園
【小手指エリア】
小手指町小手指南小手指元町北野上新井小手指台
【松井エリア】
上安松下安松牛沼
【三ケ島エリア】
狭山ヶ丘若狭東狭山ヶ丘西狭山ヶ丘
【吾妻エリア】
くすのき台北秋津荒幡

 

来院されている方の最寄り駅

 

【もくじに戻る】

【産後骨盤矯正】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!他の人にも知ってもらいたい!
と思ったらぜひSNSなどでシェアよろしくお願いします!
ハニカムグループ公式サイト
http://honey-combgroup.com/
【産後骨盤矯正専門ぺ―ジ】
https://www.ip-lambda.com/honeycomb/page/78441
【交通事故治療専門ページ】
https://www.ip-lambda.com/honeycomb/page/114517/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F(新所沢駅から徒歩3分)
TEL:0800-800-167704-2941-6175
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

所沢で子連れの産後骨盤矯正ならハニカム整体院

2017/07/31

所沢で産後骨盤矯正を探されている方は御覧ください

産後骨盤矯正TOP

YouTube産後割引予約

チェックボックス












お悩み解消

ハニカム整体院にお任せ下さい


honeycomb_20180209134949

WEB予約バナー

電話タップバナー

メディア実績

ベビーベッド・キッズスペース・おもちゃ完備

YouTube産後割引予約

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

WEB予約バナー


【もくじ】

1、所沢にお住いの方の出産・子育て事情

2、当院に通院して頂いている理由とは?

3、当院の産後骨盤矯正の7つの強み

4、ご来院の際の流れ

5、なぜ産後の体調や体型が変わってしまうの?

6、当院へのアクセス

7、産後骨盤矯正専門院としての理念

8、「骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」の違い

9、産後骨盤矯正はこんな方にオススメ

10、その悩み骨盤の開きに問題があるかもしれません

11、所沢市内でよくご来院頂く地域

12、当院へ来院される方が利用されている駅


【所沢にお住まいの方の出産・子育て事情】

所沢市には大きな産婦人科が非常に充実している事や、都内に電車で通勤される方のベッドタウンとして、特に子育て世帯が多い地域です。またその影響もあり、「保育所」「保育園」が不足しており、周辺市町村に比べ保育所の入園倍率が非常に高い事が課題としてもあげられています。しかし、当院からも歩いてすぐの所に「思いやりの心で支え合う 幸せに暮らせるまち」をテーマに【所沢市こどもと福祉の未来館】が開園するなど、子育て世帯の需要に前向きに取り組んでいる地域でもあります。

【もくじに戻る】

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

YouTube産後割引予約

WEB予約バナー

他の院と何が違う?

理由1理由2理由3理由4理由5

理由6


▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

産後骨盤7つの強み

産後骨盤矯正7つの強み1産後骨盤矯正7つの強み2産後骨盤矯正7つの強み3産後骨盤矯正7つの強み4産後骨盤矯正7つの強み5産後骨盤矯正7つの強み6産後骨盤矯正7つの強み7

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

電話タップバナー

YouTube産後割引予約

WEB予約バナー

ご来院の際の流れ

ご来院際の流れ【受付からご説明】

初めにご挨拶と簡単な産後骨盤矯正に関する説明をさせて頂いてから問診票をご記入頂きます。

妊娠・出産の経過からお身体のお悩みや不調について、などをご記入頂きます。

ご来院の際の流れ【問診・カウンセリング】

現在のお身体の状態はもちろん、妊娠中や出産時など、お悩みやお困りごとについて、丁寧にお聞きして行きます。

その上で専門的な知識を活かして最適な解決方法をわかりやすい言葉でご提案させて頂きます。

ご来院の際の流れ【検査と説明】

産後骨盤矯正は単に関節をボキボキと鳴らしたり、広がった骨盤を物理的に締めつけるだけ・・・といった乱暴なものではありません。

しっかりと骨盤の状態や全身の状態・体調を把握した上で、現状と今後の流れについて不安なことがなくなるまで丁寧にご説明させて頂きます。

ご来院の際の流れ【施術とセルフケアの指導】

デリケートな産後のお身体に対して、負担の少なく心地の良い刺激で施術を行なっていきます。痛みや恐怖をほとんど感じることなくみなさんリラックスして施術を受けて頂いております。

エクササイズやトレーニングのセルフエアの指導の際はお家でお一人でもできるように丁寧に指導させて頂きます。

ご来院の際の流れ【次回予約とお会計】

受付では治療計画に合わせた通院ができるように次回ご来院のご予定を確認させて頂いております。産後のお身体の状態をダラダラ引きずらない為にも初回は5日〜10日後の予定をご確認の上ご来院頂けるとスムーズにご案内できますのでご協力お願いします。
【もくじに戻る】


 

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼

WEB予約バナー

出産・産後あるある

産後 妊娠中の疲れ産後 ホルモンの影響骨盤周囲の筋力低下 産後産後 胎児の発育産後 育児での身体的負担産後 睡眠サイクルの乱れ産後 慣れない育児
【もくじに戻る】


▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼
キャプチャー20170724223212

YouTube産後割引予約

WEB予約バナー

ハニカム整体院の地図

ハニカム整体院地図

キャプチャー20170629021422キャプチャー20170629021451キャプチャー20170629021527キャプチャー20170629021559キャプチャー20170629021646キャプチャー20170629021712キャプチャー20170724223055キャプチャー20170724223125
【もくじに戻る】


電話対応

▼所沢の産後骨盤矯正はコチラ▼
WEB予約バナー


産後骨盤整体専門院 ハニカム整体院の理念

出産を乗り越えたお母さん達のお身体は人生でも最も
身体の調整・矯正が必要な時期だと考えております。
最近では骨盤矯正を行う整体院や整骨院は増えていますが
産後の身体に適した骨盤矯正を専門的に行っている所は
県内を探してもまだ多くありません。
笑顔で育児に取り組める身体づくりと
すらっと美しいお母さんであり続けるための体型のケアを
目的とした施術で、一人でも多くのママに快適な子育てライフを
楽しんでもらいたいという理念の基、提供しております。

産後特化型骨盤矯正とは?

そもそも「骨盤矯正」と「産後骨盤矯正」は何が違うのか?
女性の身体は妊娠をしてから徐々に出産の準備が開始します。その際に出産がスムーズに行えるように【リラキシン】というホルモンが分泌され骨盤周りの組織を柔らかくしてくれます。この影響で骨盤は開いていきます。
妊娠中や出産後に腰痛・恥骨痛・尿漏れといった症状が現れやすいのはそのためだと考えられます。この現象は自然分娩の方はもちろん、帝王切開であってもホルモンの影響を受けているため骨盤の開きは現れます。
そういった点を考慮して、筋肉や骨格だけでなく骨盤内の子宮やそれにかかわるホルモンなどの影響も考慮して行われるものが産後の骨盤矯正で、一般的な骨盤矯正とは施術内容や考え方が異なる場合があります。

産後骨盤矯正はこのような方にお勧め!

☑産後から腰痛や猫背姿勢が気になる方
☑恥骨痛や尿漏れなどのマイナートラブルでお悩みの方
☑産後の体型を改善したい方
☑デニムが履けるようになりたい方
☑産後の体重が気になる方
☑産後のボディーラインを改善したい
☑育児のストレスでイライラしてしまうことがある。
☑抱っこで肩こり・首こり・頭痛がひどい
☑夜泣きで寝不足傾向
ETC・・・
など上記の内容に限らず、出産後は思いもしなかった身体の不調や悩みを抱えることは少なくありません。当院はたくさんの産後ママからの相談いただきサポートさせて頂いております。
「こんなことで・・・」と思わずお気軽にご相談ください。

このようなお悩みは骨盤の開きに問題があるかもしれません

☑出産してから腰痛が辛くなった
☑出産してから恥骨・尾骨のあたりが痛む
☑出産してからO脚がひどくなった
☑出産後生理が再開してから生理痛が辛くなった
☑足を組んで座っている方が楽だ
☑寝て起きても疲れが取れていない
☑ウエストライン・下腹がたるんだ
☑冷え症がひどくなった
☑ときどき尿漏れがある
ETC・・・
出産後、上記の様な自覚があれば、骨盤の開きなどに何らかの問題があるかもしれません。
問題を早期に発見することが、解決のための近道ですので、お気軽にご相談ください。
ご来院をお待ちしております。
YouTube産後割引予約
WEB予約バナー
電話タップバナー

【産後関連でよくみられている記事のまとめ】

産後骨盤矯正って保険適応になるの?1回あたり時間はどのくらい?

産後骨盤矯正ベルトはつける場所が重要?いつから始める?

産後骨盤矯正の料金の話、相場っていくら?何回行けばいいの?

産後に恥骨が痛くなった…原因は?どうすればいいの?

出産後股関節がポキポキ音がして気になる方へ

産後の骨盤矯正で「痩せる」「ダイエットできる」理由とは?

産後に体がむくみやすくなった…原因は?どうすればいいの?

今まで骨盤だと思っていた骨は骨盤ではなかった!?骨盤の構造はどうなってるの?

産後に起こる悪露とは…?どのくらいまで続くの?どうすればいい?

おむつを買いだめするのは良くない?赤ちゃんのおむつのサイズアップ!

卒乳と断乳の違いって…?時期はいつ頃から?

赤ちゃんの寝汗がすごい…何か対策はある?

大泉門とは?赤ちゃんの頭のへこみが心配…触っても大丈夫?

産後に痔になった…原因は?どうすればいいの?

骨盤底筋を鍛えるトレーニングってどういうの?そもそも骨盤底筋って何?

《産後骨盤矯正の運動・体操・筋トレ》垂れてきたお尻が気になる産後のママ達にしてほしいセルフケア

《産後骨盤矯正の運動・体操・筋トレ》抱っこ、授乳、添い寝などで猫背や肩周りの筋肉が気になるママたちへのセルフケア

 

 

 

グラフィックス1

ふたご出産について

「ふたご」

 

まず簡単に「ふたご」について…(引用wikipedia)

 

ーーーーここからーーーー

 

双生児(そうせいじ)は同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供である。いわゆる双子(ふたご)のことであり、多胎児の一種である。多胎児の中では一番多い。

受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)と二卵性双生児(にらんせいそうせいじ)に大別される。

出産の時には数分程度の時間差で産まれることが多いが、中には数時間から数十日の間隔で生まれる場合もある(双子が一度の分娩で生まれるとは限らない)ので、誕生日・誕生年が異なってしまう兄弟姉妹もいる。

また日本では、かつて後から生まれた方を兄または姉、先に生まれた方を弟または妹として扱う慣習があったが、戸籍法上は生まれた順に記載する事となっている。

 

ーーーーここまでーーーー

 

・一卵性双胎

一卵性双胎とはひとつの受精卵が2個に分裂したものです。遺伝子情報、性別、血液型などは同一で、顔立ちや体つきも似ています。

 

・二卵性双胎

二卵性双胎とは2つの卵子と2つの精子がそれぞれ受精したもので、遺伝子情報は異なります。性別や血液型、顔立ちや体つきなどは異なることがあります。

 

659251

 

多胎はリスクが高いので、慎重な生活を…

赤ちゃんは2人以上いる場合を多胎妊娠といい、そのほとんどはふたごです。ふたごには、ひとつの卵子とひとつの精子が結合して、それが2つに分かれて成長していく一卵性と、卵子が2個排卵され、それぞれ別の精子と受精して発育していく二卵性があります。自然にふたごが生まれる確率は日本で1000件中35件程度ですが、最近は不妊治療で使用する排卵誘発剤や体外受精の影響で、ふたごの出産がふえています。

ふたごと判明すると、喜びとともに不安に感じることもあるでしょう。実際にふたごの場合、医学的リスクは高いといえます。しかし、以前に比べると、安全に出産できるようになりました。リスクを自覚しながら、慎重に妊娠生活を送ることが何よりも大切になってきます。

 

 

 

「ふたごママの心得」

 

ふたごの妊娠・出産は、ひとりの場合よりも大変です。無理をせず注意深く、妊娠生活を送りましょう。

 

―注意したいトラブル―

・妊娠23週ごろになると、急におなかが大きくなり、むくみや静脈瘤を起こしやすくなります。

・妊娠高血圧症候群

・貧血

・切迫流産・切迫早産

・羊水過多症

 

―妊娠生活のポイント―

・特にお腹が大きくなる妊娠後期は腰痛を起こしやすいので、無理な姿勢を長時間続けないようにしましょう。

・マタニティエアロビクスやマタニティスイミングなどのスポーツは早産のリスクがあるため避けましょう。

・気になる症状があったら、早めに病院を受診しましょう。

・出産方法について、早めに医師と相談をしておきましょう。また、入院時や出産後にサポートしてくれる人を見つけておくことが大切です。

 

 

「ふたごの出産方法」

 

母子の安全を第一に考え、帝王切開を行うことがほとんどです。

 

以前は、ふたごの場合、経腟分娩にするか、または帝王切開にするかは、赤ちゃんの大きさや体位(子宮内の姿勢)、母体の状態などを考え合わせて判断されていました。しかし、現在はふたごと分かったら、母子の安全を第一に考えて、周産期母子医療センターや大学病院で選択的帝王切開(予定を立て、陣痛が来る前に帝王切開をする)が行われることが多くなっています。また、妊娠30週ごろから、早産予防のために入院(管理入院)します。母子双方の安全を最優先に考えて、慎重な対策が必要です。

ふたごの赤ちゃんの体位は、2人とも頭位、2人とも逆子、頭位と逆子のパターンがあります。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー


 

帝王切開ってどんなの?

「帝王切開」についてのお話をしていきます。

 

748584

 

 

そもそも帝王切開とは…?(引用wikipedia)

 

ーーーーここからーーーー

 

帝王切開(ていおうせっかい、: caesarean section: cesarean section: Kaiserschnitt)は、子宮切開によって胎児を取り出す手術方法である。医療関係者では略して「帝切」、または「カイザー」、「C-section」などと呼ばれることもある。

 

ーーーーここまでーーーー

 

 

「帝王切開のおおまかな流れ」

 

  1. 手術前の準備

医療施設によって違いはありますが、帝王切開を予定的に行う場合は手術前日に入院し、検査や浣腸、剃毛、導尿、点滴などの処置を受け、手術の同意書を提出します。

 

  1. 麻酔をする

一般的に局所麻酔を行います。硬膜という脊髄を覆っている膜があります。その硬膜の外側に麻酔薬を注入する「硬膜外麻酔」を行うか、脊髄の周囲に直接注射で麻酔薬を注入する「脊椎麻酔」を用いられます。

 

  1. 手術

まず皮膚から腹膜までを縦、あるいは横に切開します。次に子宮壁を横に切開します。

 

・縦に切開する場合…

おへその下から恥骨に向かって切開します。赤ちゃんを早く安全に出せるので緊急時には縦に切開します。

 

・横に切開する場合…

恥骨の上を横に切開していきます。縦に切開するのと比べ、赤ちゃんを出すのにやや時間がかかります。傷は目立ちにくいという利点があります。

 

  1. 赤ちゃんを取り出す

子宮の中から赤ちゃんを取り出し、へその緒を切ります。

 

  1. 胎盤を出し、切開部を縫合

子宮内の羊水を吸引して胎盤を取り出します。その後、子宮を溶ける糸で縫合し、皮膚も同様に縫合します。手術はこれで終了になります。

 

-手術後について-

麻酔が切れた後は傷が痛みますが、それに対しては鎮痛剤が使われます。最近では手術後も硬膜外麻酔を続けて使用し、痛みをとっていく方法も行われています。だいたい手術の翌日には痛みが治まりますが、起き上がろうとして腹圧がかかると痛むことが多くあります。起き上がるときには、ベッドのリクライニングを利用して慎重に起き上がるようにしましょう。手術後12日は食事がとれないため、点滴で栄養と水分をとります。帝王切開でも悪露はありますが、量は経腟分娩よりは少なめです。経過に問題がなければ翌日から歩けるようになったり、赤ちゃんを抱っこしたり、母乳をあげたりすることも可能です。

 

*麻酔をしていても手術の様子はわかります。

帝王切開は麻酔をかけて行いますが、通常は局所麻酔です。胸の下から足の辺りまでの感覚がなくなりますが、ママの意識は手術中もしっかりしています。そのため、赤ちゃんが子宮から取り出される瞬間を見ることや産声も聴くこともできます。ただし緊急の場合、局所麻酔ができないこともあります。そのときは全身麻酔となってしまうため、ママが眠ったまま赤ちゃんが誕生することになります。

 

735136

 

5人に1人は帝王切開―

通常のお産では、赤ちゃんはママの子宮口から膣を通って出てきます。これを経腟分娩といいますが、何らかの原因があって経腟分娩では赤ちゃんが出てこられない場合や母子の生命に危険がある場合に、手術によって赤ちゃんを取り出します。これが帝王切開で、赤ちゃんを安全に誕生させるために必要な医学的処置です。帝王切開による出産の割合は年々増え、一般病院で24.8%、一般診療所(クリニック)で13.6%(厚生労働省の調査)。平均すると51人は帝王切開で出産をしていることになります。背景には、高齢出産が増えたことと、女性が生涯で産む子供の数が少なくなったため、いかに安全に誕生させるかが優先されるようになったことが考えられます。

 

 

―リスクに対応できる病院で出産する―

ふたごを妊娠したらリスクに対応できるスタッフや設備のある病院にかかることが基本です。NICU(新生児集中治療室)が併設されている周産期母子医療センターや大学病院が適しています。ちなみに、ふたごの場合の健診は通常よりも頻繁に行われます。30週ごろからは入院して管理します。それだけ注意深く経過を観察してもらえるため、少しでも不安なこと、気になることがあれば医師に相談しましょう。臨月近くになると腹囲が100㎝以上になったり、ふたごを妊娠することで通常の妊娠時よりもお腹が大きくなったりします。羊水も多く、ママもむくみがちなので、体重は1213㎏は増えます。出産後も医療スタッフと家族のサポートが必要不可欠です。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

身体の気になる症状 胎動・不眠

妊娠中の「胎動」と「不眠」についてのお話です。

 

 

*胎動の不安

まる1日胎動がないときは要注意…

 

胎動(子宮の羊水の中で赤ちゃんが動くこと)は妊娠中期から感じるようになります。感じる時期には個人差があり、早い人で18週前後、遅い人で2223週ごろには感じるようです。感じ方も人それぞれです。仕事などで忙しく働いている人と、安政にしていることが多い人とでも感じ方は違います。また、腹壁の厚さや、皮下脂肪の量でも違ってきます。妊娠後期になると、胎動を強く感じるようになり、蹴られる感じを実感します。9ヶ月頃になると胎動が外からでも分かるようになります。しかし、赤ちゃんが成長して大きくなり、子宮の中で動くスペースが狭くなるため、胎動の回数は徐々に減ってきます。臨月になれば赤ちゃんが静かになり、いよいよ出産間近です。このように、胎動は赤ちゃんの「元気」の証です。妊娠中期に胎動を感じないという場合でも、健診で異常がなければ心配ありません。逆に、胎動が激しすぎる場合も心配いりません。ただし、それまで胎動を感じていたのに、丸1日感じないというときは、すぐに医師に相談しましょう。

赤ちゃんの動き方は様々です。パンチやキック、しゃっくりのような動きなど、お腹の中でたくさん動いてぐんぐん成長していきます。

今までは、赤ちゃんがお腹の中にいるという実感があまりなかった人も、胎動を感じることで赤ちゃんの存在を、実感できるでしょう。

725734

 

*不眠

不安や疲れから起こりやすい…

 

妊娠中期ごろから後期にかけて、お腹が張って眠れない、寝返りがうてない、胎動が激しくて眠れないと感じることが出てきます。臨月に入れば、頻尿などもあって夜中に目を覚ますことも多くなるかもしれません。精神的な疲れや不安もあって眠れないこともあるでしょう。昼間は外出して気分転換したり、疲れすぎない程度に運動したりするのも良いでしょう。短い昼寝をして睡眠不足を補うのも手です。本当に必要な睡眠時間はからだが自然に求めてくるものです。あれこれ考えず、ゆったりと過ごすようにしましょう。

 

086947

 

―眠るための工夫―

・寝る前に読書をする。

・寝る1時間前はテレビ、携帯を見ない。

・寝る少し前に軽めのストレッチをする(腕立てや腹筋などの過度な筋トレはおすすめしない)。

・高反発マットや抱き枕を使用してみる。

・アロマやお香を焚いてみる。

・リラックスできる音楽を聴いてから寝る。

 

※筋トレがおすすめでない理由

(お腹に赤ちゃんがいる状態で過度な筋トレをする方はあまりいないとは思いますが、少しだけお話します。)

 

通常、睡眠時には副交感神経が働き、心身共にリラックスをしている状態です。しかし筋トレを行うと交感神経が働いてしまうため、身体が興奮状態になります。興奮状態になると寝付きにくくなってしまうほか、睡眠の質が低下してしまう可能性があります。また、栄養の補給が難しく、寝る前での栄養補給によって、睡眠の質の低下、脂肪の蓄積などが考えられます。そのため寝る前での筋トレはあまりおすすめしません。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

妊娠糖尿病ってどんなの?

「妊娠糖尿病」についてのお話していきます。

 

「妊娠糖尿病」

-妊娠糖尿病の診断と予防-

妊娠糖尿病とは、妊娠中にはじめて発見された「糖尿病ではないが、糖代謝異常がある状態」です。

 

※糖代謝異常とは、空腹時や食後の血糖値がかなり高くなってしまう状態のことを言います。

 

*糖尿病には至らないが、糖代謝異常が起こる。

妊娠中は食事量が増えるうえ、胎児から血糖値を上げやすくするホルモンが出るため血糖値は高くなりがちですが、通常は膵臓から分泌されるインスリンが血糖値の上昇を調節します。ところが、そのインスリンの働きが悪くなって、糖尿病のように血糖値が上がってしまうのが妊娠糖尿病です。妊娠糖尿病になると、早産や妊娠高血圧症候群、羊水過多症、尿路感染症などを引き起こしやすくなります。また、赤ちゃんも高血糖となってしまい糖が脂肪として蓄積され、4000gを超えるような巨大児になることがあります。内臓や肺の機能が未熟なまま産まれてしまうリスクもあります。治療は食事療法と運動療法によって血糖値を正常に保つことです。

 

(引用Wikipedia)

ーーーーここからーーーー

妊娠糖尿病(にんしんとうにょうびょう, 英語: gestational diabetes)は、妊娠中のみ血糖値が異常となる症状をいう。妊娠糖尿病は、将来のII型糖尿病リスクを増加させる。

妊娠中は、hPLエストロゲンプロゲステロンなどの妊娠中に増加するホルモンにより、耐糖能が悪化しがちであることによる。一般には、出産後に改善する。一方、もともと糖尿病患者が妊娠した場合は、糖尿病合併妊娠と呼ばれる。とは言え、もともと糖尿病であったかどうかを完全に確認できているわけではなく、妊娠糖尿病で発症し、分娩後もそのまま糖尿病が治らないこともままある。基本的に食事療法が行われるが、改善しない場合、後述の胎児へのリスクもあり、また飲み薬は催奇形性の懸念があるためインスリン注射療法を行うことになる。胎児への影響があるため、通常時より厳格な管理を必要とし、六分食やインスリン持続皮下注 (CSII) などを行うこともある。 

ーーーーここまでーーーー

 

*血糖値の検査で診断される

妊娠初期や妊娠中期に血液検査で血糖値を測定します。数値が高い場合は、ブドウ糖負荷試験をして診断します。血糖値は出産後には正常に戻ります。産後しばらくして糖尿病の負荷テストを行い、正常に戻ったことを確認します。ただしその半数は将来、糖尿病を発症するといわれています。

 

妊娠糖尿病になりやすい人…

・親きょうだいに糖尿病の人がいる

35歳以上の高齢初産

・妊娠前から肥満ぎみ

・妊娠してから急激に体重が増えた

・以前に巨大児を出産したことがある

・糖代謝異常と診断されたことがある

 

予防するには…

・太りすぎないこと。

・適度な運動をする。

・ストレス解消やストレスを溜めすぎない。

・炭水化物をとりすぎない。

・ご飯がすすんでしまうのを防ぐため、味付けの濃いおかずは避ける。

736026

妊娠糖尿病を予防するために、普段からバランスのとれた食生活を心がけ、運動を適度にしておくことが大切です。妊娠中は様々なトラブルが起こってしまうことも少なくありません。大変ですが、食生活と運動の習慣は身体の健康はもちろん、安産にもつながるため、規則正しい生活を心がけて過ごしましょう。

▼所沢で産後骨盤矯正をお探しの方はコチラ▼

WEB予約バナー

【所沢市内でよく産後骨盤矯正でご来院頂く地域】

所沢市内でよく産後骨盤矯正でご来院頂く地域

【新所沢エリア】
緑町榎町泉町青葉台向陽町けやき台
【新所沢東エリア】
並木松葉町弥生町美原町北所沢花園
【小手指エリア】
小手指町小手指南小手指元町北野上新井小手指台
【松井エリア】
上安松下安松牛沼
【三ケ島エリア】
狭山ヶ丘若狭東狭山ヶ丘西狭山ヶ丘
【吾妻エリア】
くすのき台北秋津荒幡

 

来院されている方の最寄り駅

 

【もくじに戻る】

【産後骨盤矯正】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!他の人にも知ってもらいたい!
と思ったらぜひSNSなどでシェアよろしくお願いします!
ハニカムグループ公式サイト
http://honey-combgroup.com/
【産後骨盤矯正専門ぺ―ジ】
https://www.ip-lambda.com/honeycomb/page/78441
【交通事故治療専門ページ】
https://www.ip-lambda.com/honeycomb/page/114517/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F(新所沢駅から徒歩3分)
TEL:0800-800-167704-2941-6175
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

”妊婦と産後特化型ハニカム整体院”は所沢市はもちろん西武線沿線を中心とした様々な地域へ情報を届けます。

LINE@プレゼント

所沢を中心に産後のママに人気の当整体院のブログでは、女性がいつも笑顔で輝いて子育てができるように、健康情報や美しさを磨くための情報をたくさんの地域に発信できるようにご紹介しております。
当院には産後に特化した施術を行っていることから、非常に幅広い地域からご来院頂いています。所沢市内の所沢駅・航空公園・新所沢はもちろん、入曽や狭山市駅、新狭山の狭山市と南大塚・本川越と言った川越市などの西武新宿線沿いの方を中心にご来院頂いており、所沢駅で乗り換えて西所沢・小手指・狭山ヶ丘はもちろん入間市や飯能と言った地域からもご来院頂いております。

埼玉全域の産後のママから頼りにされる整体院を目指して日々質の高い、施術や情報の発信に力を入れております。
産後の骨盤の歪みと開きを改善して身体のバランスが整い、本来の機能を回復することで、血行の巡りがよく、痩せやすく太りにくい身体へと変化していきます。当ブログでは所沢で人気の当整体院の施術のポイントや、セルフケアのアドバイスなどはもちろん子育て情報などもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

お問い合わせ