Blog

産後のぽっこりお腹を引き締める必要な腹筋のやり方《時短エクササイズ》

2018/11/17

↑タップすると動画が再生されます↑

ハニカム整体院でお伝えしているセルフケアの説明です。

この記事は「腹筋の運動」になります。

 

このセルフケアは物を用意する必要がないため、場所さえあればやろうと思ったときに簡単に取り組むことができます。

 

70EFBE26-0C62-433E-8ED9-C27D91A45A9C

 

おへそより少し下の位置に両手を置き両膝を90度くらいに立てた状態で仰向けに寝ます。

 

1DDF26AD-50D4-4DAE-97AC-F0B6D33517E4

 

骨盤を矢印の動きに合わせるように上に持ち上げ、お尻を軽く浮かしましょう。

 

※骨盤を持ち上げる動作が難しいと感じる人は背中をベッド(床)に軽く押し付けるようにすると簡単に骨盤を持ち上げられるようになります。

 

CE883FB2-F635-4798-9A17-3BB2D2CDF53A

 

骨盤を持ち上げた状態をキープしながら上体を3秒くらいかけてゆっくりと起こしていきます。このとき、目線は「おへそ」に向けると良いでしょう。

 

09A5956D-94CE-4F0F-BC34-267928C48AF8

 

しっかりとお腹をへこましながら「フーーーッ」と口から「おへそ」に向かって息を吹いていきます。押さえている両手でしっかりとお腹を使って呼吸ができているかを確認しながら行うと良いでしょう。

 

E9419B7A-00E2-4EAB-9E1C-C4D9281DC650

 

息を全部吐ききったら上体をまた3秒くらいかけてゆっくりと下ろしていきます。

※この時、まだ骨盤は持ち上げた状態でしっかりとキープをしておきましょう。

 

700388C0-596C-48AB-9929-AAB0DA29B8B3

 

最後に持ち上げていた骨盤をゆっくりと下ろしていき最初の姿勢に戻ります。

この一連の流れを3回~5回ほど行いましょう。

1つ1つの動きを順番通りにしっかりと行っていくことがポイントです。

「頭と骨盤を同時に下ろしていないか」「骨盤は最後まで持ち上げた状態を維持できているか」などの点を意識しながら行ってみましょう。

 

LINE@プレゼント-min

お問い合わせ