Blog

産後のたるんだお腹にくびれを作るには?

2018/11/20

↑タップすると動画が再生されます↑

ハニカム整体院でお伝えしているセルフケアの説明です。

この記事は「お腹絞りの運動」になります。

 

ストレッチポールを使ったセルフケアになります。
ストレッチポールがお家にない方はバスタオルを丸めたものなどで代用してください。

 

ACDB828A-592C-4307-912E-BFD570970CDD

 

これがこのセルフケアを行っていく上での基本姿勢になります。
ポールの上に乗ったら1度深呼吸をし、力を抜いてリラックスしましょう。
両脚の間隔を少し空け、膝を立てておくとバランスがとりやすくなります。

 

63ACB47E-B11F-4FC0-931F-0355ECCEBF2A

 

基本姿勢の状態から腕を天井に向かって伸ばし両手を合わせます。

 

BE731AC8-03FA-472C-9E20-7048FA841214

 

腕を右側に倒し、脚は左側に倒します。雑巾を絞るようにお腹が捻じれるのを感じながら体をひねっていきます。

 

※腕だけでなく脚もしっかり倒すことを心がけましょう。

 

683496BB-8C38-44DF-93A7-B343B3E7AC49

 

反対も同様にやっていきましょう。
左右3回~5回を目安にやるのがおススメです。

黄色く印がしてあるところに刺激が入るように意識をしましょう。

 

LINE@プレゼント-min

お問い合わせ