Blog

抱っこ、授乳、添い寝などで猫背や肩周りの筋肉が気になるママへ

2018/11/14

↑タップすると動画が再生されます↑

ハニカム整体院でお伝えしているセルフケアの説明です。

この記事は「肩の運動」になります。

 

※このセルフケアはストレッチポールを使って行います。

ストレッチポールがお家にない方はバスタオルを丸めたものなどで代用してください。

 

ACDB828A-592C-4307-912E-BFD570970CDD

 

これがこのセルフケアを行っていく上での基本姿勢になります。

ポールの上に乗ったら1度深呼吸をし、力を抜いてリラックスしましょう。

両脚の間隔を少し空け、膝を立てておくとバランスがとりやすくなります。

 

※このセルフケアで主に動かしていくのは腕ですが、一番意識をしたいのは肩甲骨の動きです。しっかりと肩甲骨やその周りの筋肉が動いているかどうか気を付けながら行っていきましょう。

 

83C8A01D-CB90-4193-A291-D87133E514CE

 

両腕を天井に向かってまっすぐ伸ばしていきます。この時、腕だけではなく肩や背中の方から伸ばすように意識をして取り組んでいくことがポイントになります。
また、この時に頭が浮かないよう注意をしましょう。

 

80B8E1B1-8631-4F74-882F-20EBA862C287

 

上まで伸ばしていた腕の力を一気に抜いていきます。この時も意識をしたいのは腕ではなく、背中や肩甲骨の力がしっかりと抜けているかどうかです。

※背中や肩甲骨の力がうまく抜けない時は、全身の力を一気に抜いてダラっとしても良いでしょう。

 

625E839B-6F24-4F26-9C10-2496A23F7C7D

 

基本姿勢から矢印の道をたどってバンザイの姿勢をとりましょう。腕は無理をして伸ばすのではなく自然に止まるところまで伸ばしましょう。腕を伸ばした姿勢から1度ゆっくり深呼吸をして基本姿勢に戻っていきます。この動作を3回行いましょう。

 

8C4A778A-4F56-4D6D-A559-2E4995E65FF0

 

基本姿勢の状態から両手の手のひらで大きくゆっくり円を描くように腕を動かします。
ベッド(床)を磨くようなイメージで行うと良いでしょう。内回しと外回しで10回ずつ動かしていきましょう。

 

 

LINE@プレゼント

お問い合わせ