Blog

産後に腸内環境を整えておくことのメリット【妊娠中】

2020/07/31

産後に腸内環境を整えておくことのメリット【妊娠中】

腸内環境を整えておくことのメリット

今回は腸内環境を整えておくことのメリットについてのお話をしていきます。

腸内環境を整えておくことは体を健康な状態に保つ上で、もう避けては通れない超重要な要素の1つです。

産後では筋力低下や冷え、生活リズムや食生活の乱れなどから、腸内環境が悪化しやすくなります。

もしかしたら人によっては
そういった要因などから
腸内環境が悪くなる事を恐れて
普段から腸内環境を整えることを意識して食生活を心がけている方もいるんじゃないでしょうか?

産後なんかでは、忙しさのあまり自分がちゃんとご飯を食べる事に時間がほとんどかけられなくて、例えば子どが残したご飯をちょっとだけ食べて食事を終えたり、人によってはもう食事を摂らないなんてこともあったりするかもしれません。

なかなかうまく時間の確保ができなくて、自分の食生活の管理まであまり気の回らない方も多いと思いますけど、腸内環境を整えることに関しては、是非この動画を見て頂たのなら、あなたの中での優先順位を高めてもらいたいなって思います。

以前別の動画で「痩せていくためにまず必要なことは何か」っていう動画をあげたことがあります。
その動画内でも少し腸内環境について話しているので、まだ見てない方は是非そちらも併せてチェックしてみてください。

なんでこんなにも腸内環境を整えておくことをおススメするのかと言うと、それは腸内環境を整えておくことでかなりのメリットがある…
のにも関わらず、意外と意識していない方、もしくは忙しくて頑張って取り組みたいけど、そこまで気が回らないという方たちが多いと思ったからです。

今回の動画が少しでもみなさんが今日から腸内環境を整えていくことのきっかけになれば嬉しいなって思います。

それでは早速行ってみましょう。!

①腸内環境を整えるメリット1つ目

1つ目は肌荒れを防いでくれる事です。
妊娠や産後関係ではあまり取りだたされる事はないですけど、妊娠中や産後の方で肌荒れに悩んでいる方は多くいます。
ここに来てくれている方の中でも、お肌の調子やお化粧のノリなどの問題で悩んでいる方も実際にいます。

肌荒れが起こる原因には日々のストレスや睡眠の状態、生活リズムの乱れなども大いに関係してますけど、腸内環境の悪化も肌荒れを引き起こしやすくする要因の1つです。

ここで言う肌荒れは
吹き出物、くすみ、しみ、乾燥などをひっくるめて肌荒れと言っています。

腸内にはたくさんの腸内細菌たちが住んでいます。
この菌たちのバランスが保たれていることが、良質な腸内環境を作っていくポイントになります。

簡単に言うと菌には体に良い影響を与える善玉菌、反対に良くない影響を与える悪玉菌、そしてそのどちらにも属さない日和見菌ていうものがあります。

この悪玉菌が増えてくると迷惑なことに
体にとって有害な物質を遠慮なくたくさん作り出すようになってしまいます。
そしてその作り出された有害な物資の中の1つに肌荒れを引き起こしやすくする物質が含まれています。

物質の名前は難しいので馴染みやすくするためにここでは「肌荒れホルモン」と勝手に呼んでおきます。
腸内細菌が作り出した肌荒れホルモンは体内で吸収され、血管の中を通り全身を巡ります。
全身を巡った肌荒れホルモンは皮膚に蓄積されていきます。

皮膚は細胞が生まれ変わることで、きれいでハリのある肌を保ちますけど、この肌荒れホルモンが皮膚に潜んでいると、その細胞の生まれ変わりの邪魔をしてきます。

その結果、肌荒れが起きやすくなります。

寝不足の日に肌荒れが出やすくなることもありますけど、腸内環境に関しては、その日その日の体調で肌荒れが出ると言うよりかは、過去数日間の生活内容、過ごし方っていうものが今のお肌の状態に反映されているような気もします。

一瞬と言うより、少し期間をかけて肌荒れが見られている方は、もしかしたら腸内環境が良くない状態なのかもしれません。
即効性を期待するものではありませんけど、そのような方は腸内環境を整えてみるといいんじゃないでしょうか?

②腸内環境を整えるメリット2つ目

2つ目は体の免疫力が上がることです。
体の免疫力が上がると風邪を引きにくくなったり、アレルギー症状が出にくくなったりします。

これ初めて知った時は結構驚いたんですけど、体の免疫に関わっている細胞の6〜7割くらいは腸にあるんですよ。
免疫に関わる細胞はもっと全身にまんべんなくあるもんだと勝手に雰囲気で考えてたんですけど、実は腸が体を守ってくれていました。

口から肛門までは1本の長いクダで繋がっています。食べ物や飲み物以外に、口からは雑菌やウイルスなども侵入してきてしまいます。
侵入してきたウイルスから何としてでも身を守りたい体は、その戦う場所を腸と決めたみたいです。

口から侵入してきたウイルス達は腸内で免疫細胞と戦います。もしくは、腸内にバリアを貼ってウイルス達が体に害を及ぼさないように、体を守ってくれます。

腸内環境が整っている、要は体の免疫力が強ければこのとき体はウイルスに屈することなく健康な状態を保っていられます。

反対に腸内環境が整っていなければ、ウイルスに対する体の抵抗力も乏しくなり、体調を崩してしまいます。

体内に侵入してきたウイルスや病原菌などから自分の身を少しでも守っていきたいのであれば、常に腸を元気な状態にしておくことは必須になってくると思います。

特に腸内で体の免疫力を前線で支えてくれているのが、善玉菌です。
パッと1つ簡単な物で言うと納豆がいいと思います。
もう少し細かく食べ物に関して知りたい方はこちらの動画も見てみてください。
【右上を指しながら】

③腸内環境を整えるメリット3つ目
3つ目は気持ちのケアにつながることです。

気持ちのケアって言うと抽象的な言い方になってしまいますけど、もう少し具体的に言うと例えば、イラ立ちが少なく精神的に安定していられることとか、日々を楽しく前向きに過ごせていることを言います。

腸内ではセロトニンと呼ばれるホルモンが作られます。
聞いたことある方もね、もしかしたらいると思うんですけど、このセロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。
ここまで聴くと、「あ!あれね!」みたいになる方も多いと思います。

このセロトニンは不足すると、怒りやすくなったり、睡眠不足になったりと様々な障害を引き起こしやすくなります。

このセロトニンが作られる過程で腸内環境がとても重要になってきます。

先ほど腸内でセロトニンが作られると言いましたけど、こ!正確に言うと腸で作られるのはセロトニンではなく、セロトニンの元となる物質です。
それが脳に届くとセロトニンとなります。

腸内環境が整っていれば、セロトニンの元が滞りなく生産されますけど、腸内環境が悪い場合にはこのセロトニンの元となる物質を作るのにとても苦労をします。

その結果、脳ではセロトニンが少なくなってしまい、イライラのしやすさや睡眠不足になったり、人によっては毎日が楽しくないという気持ちの落ち込みにも繋がっていってしまいます。

妊娠中や産後ではつい余計にイラっとしてしまうシチュエーションなんかは多くあると思います。

もし自分にそういう機会が多いと感じている方は普段から腸内環境が整っていないことによって、セロトニンの量が少なくなっているのかもしれません。

気持ちや感情をコントロールするのは、セロトニンだけではありませんけど、まずは腸内環境を整えてどんどんセロトニンを増やして、前向きな気持ちで毎日を楽しく過ごしてほしいなって思います。

まとめ
そしたら最後まとめていきます。

今回は腸内環境を整えておくことのメリットについてお話しました。

一つ目は肌荒れを防いでくれること。
お肌の状態を見れば、今の腸の環境がどうなっているのかを確認できます。
しっかり腸を整えて今よりももっときれいな肌に生まれ変わっていきましょう。

2つ目は免疫力が上がること。
体を丈夫に健康にしていきたいなら腸内環境を整えることを避けては通れません。
腸が健康なら体も健康です。

3つ目は気持ちのケアにつながること。
整った腸内環境は前向きに楽しく過ごしていくための重要ポイントです!
是非今日から良い腸内環境を作りましょう。

簡単にはなりますけど、改めて前にあげたこちらの動画で簡単にですけど、腸内環境を整える方法を話したことがあります。
もし良ければチェックしてみてください。

あともしまだチャンネル

それでは!

お問い合わせ