News

子供のイヤイヤ期

2017/04/17

 

 

 

いつもご覧いただき本当にありがとうございます。

産後骨盤整体専門院のハニカム整体院です。

キャプチャー20170120175725
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

本日は子供のイヤイヤ期についてお話していきます。

 

 

そもそもイヤイヤ期とは…

 

イヤイヤ期とは赤ちゃんがだいたい9ヶ月くらいの頃からみられるもので、自分の意に反することを行動で示すようになる時期のことです。子供がイヤイヤする理由は、不快感やイヤという気持ちを上手に伝えることができないからです。ですが、これは発育段階で子供が必ず通る成長過程であり、順調に成長をしているという証拠です。自分の感情をコントロールすることや、周りの人への思いやり、優しさなどをしっかりと身に着けていくとても重要な時期となります。

イヤイヤ期が落ち着くのは個人差がありますが、だいたい34歳くらいです(ピークはだいたい2歳頃)。そのくらいの年齢になってくると、子供も感情のコントロールがうまくできるようになってくるため、イヤイヤは徐々に納まってきます。また、このくらいの年齢にもなれば言葉で表現をするようになってきます。

イヤイヤの表現の仕方も個人差があります。思いっきりイヤイヤを表現する子もいれば、時には親が気付かない程度のイヤイヤをしている場合の子もいます。表現の仕方はどうであれ、イヤイヤは子供がみんなするものです。

 

 

 

イヤイヤ期は「第一反抗期」とも呼ばれます。

(引用…心理学用語集 http://www.1-ski.net/archives/000178.html)

 

ーーーーここからーーーー

 

第1反抗期

第1反抗期とは、発達段階(幼児期)においての用語で、周囲の環境に対する反抗が著しくなる時期で、幼児期における、自我の芽生えとも考えられるもの。乳児期の、母親を中心とした共生的関係から、2~3歳にかけての自律への第一歩。自分には独自の意思や感情があり、親とは異なる存在であるという意識が強くなり、親が何を言っても拒否したり反対の事をしたり、わざと悪い事をしたりするようになる。発達の力の表れでもあり、この時期の欠如が、将来的に意思薄弱・自己の弱さといった形で、思春期に問題になることが多いのである。

 

ーーーーここまでーーーー

 

 

278829 

 

子供・赤ちゃんはこんなときにイヤイヤする…

 

・空腹時や眠さなどの生理的な不快感があるとき。

・自分の言葉でうまく表現ができない。

・自分のしたくないことを強要される。

・パパ、ママに甘えたい。

 

このような様々な理由で子供は泣いたり、怒ったり、手で払いのけたり、蹴っ飛ばしたりなどのアクションで自己主張をしてきます。

 

イヤイヤの対応としては、ある程度は受け入れた方が良いでしょう。イヤイヤに対して親がリアクションをしてくれることで、コミュニケーションが生まれます。これを繰り返していくことで、すくすくと子供は成長していきます。しかし、イヤイヤがエスカレートしてきた場合、周囲への迷惑がかかるときなどはしっかりと理由も添えてしかりましょう。子供がちゃんと理解できるまで、根気強く繰り返すことが大切です。また、やってはいけないこととして、子供を突き放すような言葉をかけたり、脅すようなことを言ったりするのはやめましょう。

子供が悲しみを受けたり、ただ恐怖を感じたりするだけの場合もあります。子供によっては、さらにイヤイヤが激しくなる子もいます。パパ、ママはしっかりと子供と向き合って対応をすることが望ましいでしょう。

時には「イライラ」や「またか」などの面倒な感情もあるでしょうがイヤイヤ期はずっと続くものではありません。子供の成長を実感しながら、子育てを楽しみましょう。

 

 

544764

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
少しでも有益な情報だ!他の人にも知ってもらいたい!
と思ったらぜひSNSなどでシェアよろしくお願いします!
ハニカム整体院・みどり町接骨院
http://honey-combgroup.com/
住所:〒359-1111 埼玉県所沢市
緑町2-6-15第二KIビル1F
TEL:0800-800-1677・04-2941-6175
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お問い合わせ